支払い方法

厳しすぎず楽過ぎない適度な支払い方法を選択

毎月の支払い方法は各金融業者によって異なりますが、消費者金融などの貸金業者は元利均等払い、元金均等払いなどがありますが、カードローンを主力とする銀行系は元利定額リボルビング方式、残高スライド方式などがあります。

また、特殊な例としてはボーナス一括払いや翌々月一括払いなどがありますが、これは主にクレジットカードで商品等を購入したときに使う支払い方法です。

元利均等払い

元利均等払いとはその名の通り、毎回の返済額を返済が終了するまで均等にするという支払い方法で、住宅ローンなどにも利用されています。元金均等払いは毎月の支払い金額が一定となることから、返済計画が立てやすく、生活に支障をきたさないのが特徴です。

ただ、その一方で借入総額が多い間は返済総額に占める金利の割合が多くなり、なかなか元金が減らないのがネックで、完済までにはかなりの長期払いをしなければなりません。また、元金均等返済と比べると支払った金利総額が増えてしまうことになります。

メリット
  • 0毎月の支払い額が一定なので支払い計画が立てやすい
  • 0生活への負担が少なくて済む
デメリット
  • 0残高が多いうちはなかなか元金が減らない
  • 0完済までの期間が長い

元利均等払い

元金均等払い

元金均等払いとは、毎月返済額が元金を均等にした額と金利を合わせた額を支払う方式です。特徴としては、支払う元金が均等に減ることから元利返済と比較すると返済期間も縮小され、支払う金利も少なくて済みます。ただ、借入残高の多い間は毎月の支払う返済額が多くなってしまうことから、生活に支障をきたしてしまうこともあります。ただ、元金が減るにしたがって利息分も減ってきますので、徐々に支払いは楽になってきます。

メリット
  • 0完済までの期間が短い
  • 0金利の支払いが抑制できる
デメリット
  • 0残高が多い時期の支払い額が多くなってしまう
  • 0金融業者側にはメリットが少ないので取り扱っていない業者も多い

元金均等払い

残高スライド方式

残高スライド方式はカードローンなどが現在主流としている支払い方法ですが、借入残高に応じて段階的に支払い額が変化するという方式です。これも元金がなかなか減らない特徴となっており、完済を嫌がる金融業者にとってはメリットの高い支払い方法になります。

メリット
  • 0毎月の支払い額が抑制されるので、生活にかかる負担が少ない
  • 0支払い計画が立案しやすい
デメリット
  • 0支払いが長期に及ぶため支払い総額が膨大になってしまう
  • 0借金をしている概念が薄くなってしまう

残高スライド方式

リボルビング払い

リボルビング払いとはこれもカードローンなどが採用している支払い方法で、契約で取り決めをした支払い金額を毎月支払っていく方式です。毎月の支払い額が一定なので支払い計画も立てやすいですが、借り入れをしているという感覚が希薄になっててしまうことも多く、ついついリボ払いで借り入れしまうことも少なくありません。

また、カード会社によっては「残高スライド方式」と「定額方式」があり、残高スライド方式とは残高に応じて支払い額が変動していくシステムです。一方で定額方式とは完済まで支払い額が変わらず一定額を支払っていくシステムです。

メリット
  • 0毎月の支払い額が少ないので生活への負担を抑えられる
  • 0支払い計画が立案しやすい
デメリット
  • 0支払いが長期に及ぶため支払い額が高くなる
  • 0借金の概念が希薄化し、借り癖がついてしまう

リボルビング払い