借りやすい消費者金融

借入審査の通る自信のない方でも、独自審査対応ですので安心して申し込むことができます。

少しでも有利な条件がキャッシングをするためには、ご自分の現状(収入・借入状況)で合致する範囲で最良の金融会社を選ぶことが重要となります。

現在の現状を認識

まず最初にご自分の現在の状況(毎月の収入毎月の支払い額現在の借入総額)を正確に認識してください。金融会社から借りている場合は、すでの信用情報機関のデータに登録されていますので、新規で融資の申し込みをする場合は審査に影響が及んできます。

借入先の目安

消費者にとって一番有利な条件で借りれるのは大手銀行系のカードローンであることは言うまでもありません。何よりも魅力的なのは低金利で借りれることで、これは他の消費者金融の追随を許さないレベルです。

また、全国の銀行やコンビニのatmで出し入れが可能であるというのも魅力的なことで、零細金融のようにいちいち窓口へ支払いに行く手間を考えると比較にならない利便性といっても過言ではありません。

ただし金融業者側も誰にでも貸すというわけではありません。低金利であればあるほど貸付審査は厳しくなってきますし、逆に審査が柔軟であればあるほど金利は高く設定してきます。どの金融会社でも共通していることは、「きちんと毎月返済を履行してくれるか否か」ということです。したがって、毎月の返済をきちんとするためには決まった定収があるのが条件となってきます。

消費者金融にとってポイントの高い顧客は以下のようなタイプになります。
  • 0正社員(派遣、アルバイトの類は信用度も低くなる)
  • 0独身者
  • 0現在の借入が少ない
  • 0信用情報機関の個人情報に一切問題ない

借入審査で重要なポイント

借入審査の際に重要なポイントは、上記に記した「現在の借入件数」の他にも、現状の借入合計、税引き前の収入額、過去に金融会社を利用した際の利用履歴、家族構成、配偶者の有無、など多岐に亘る項目を総合的に判断されて融資の可否が決定されます。

今現在他社から借りている件数合計

今現在他社から借入をしている件数合計

少ないほど審査で有利になります。3件を超えてくると大手では難しくなってきます。
今現在他社から借りている総合計

今現在貸金業者から借入をしている総合計額

少ないほど審査で有利になります。総合計が収入の三分の一を超えると借入は不可です。
現在稼いでいる年間収入総合計

年間所得合計

多いほど審査で有利になります。逆に少なければ支払い能力不足と見なされます。
過去に消費者金融を利用した取引履歴

過去の金融業者との取引履歴

事故情報(自己破産、滞納歴)がなければ、問題ありません。
家族構成と配偶者の有無

家族構成、配偶者の有無

一般社会とは違い、独身者のほうが自由に使えるお金が多いことから有利となります。

現在の借入状況や過去の利用履歴等は、すべて信用情報機構の保有している個人データによるものです。現在から過去の取り引きはすべて信用情報機構に登録されていますので、一円単位の取引まで把握されてしまいます。

この個人データを調査されて、現在の借入総計が年間収入の三分の一を超えているような方や、自己破産や滞納をして事故情報に登録されているような方は、審査で却下されてしまうことになります。

これはいくら審査が甘い業者といえども、ほぼ100%審査に通ることはありませんので、あきらめるより他はありません。ただ、事故情報は登録後五年程度で削除されますので、削除後は通常通りの審査を受けることが出来ます。

確実に借りることを考えると中堅消費者金融

消費者金融会社の数は全国でも多く存在しますが、大きく分類すると「大手」「中堅」「中小」に分けることができます。しかし、その中の大手とは銀行系列の消費者金融で、その数は(アイフル、アコム、プロミス、レイク、モビット)の5社しか存在しません。残りの大半が中堅中小に分類されることから、中堅規模の金融業者は膨大な数となっており、全国で一番多いのがこの中堅消費者金融なのです。

したがって中堅消費者金融と一括りにしたところで、審査基準が大手並みに厳しい業者もあれば、独自審査で柔軟に対応してくれる業者も存在しており、消費者にとってみればどの金融業者が借りやすくてどういった条件で貸してくれるのかが分からないというのが現実でしょう。

消費者金融一覧

区切り線

貸金業無登録業者

顧客にお金を貸して金利を得るには都道府県に貸金業登録をして認可を得なければなりません。認可を受けていない業者は無登録業者として闇金融と呼称されることとなります。一昔前はこのような無登録業者が巷に溢れてそれこそ跳梁跋扈していましたが、数々の法改正や取り締まりによってその数は激減したといわれています。しかし、無登録業者が壊滅したかといえばそうでもなく、規模は縮小したもののいまだその存在は確認されているようです。

このような無登録業者はそもそもの存在自体が法律に違反しておりますので、貸金業法といった法律を厳守するはずもなく、どこからも借りれない多重債務者やブラックリスト登録者を相手に法定金利より高い利息をとって融資をしています。

どこからも借りるあてのない人にとったら藁をもつかむ状態なのは理解できますが、こういった非合法な業者から借りることの問題は小さくないことを肝に銘じておきましょう。

無登録営業→10年以下の懲役、または3000万円以下の罰金、またはその両方

事故情報とは

過去五年以内に消費者金融や信販会社を利用し、債務を不履行(債務整理)にしていたり、あるいは支払いを何度も遅延していたような方は、信用情報機関の事故情報に登録されている場合があります。そういった方は、いくら借りやすい消費者金融といえども、新規融資を申し込んでみてもほぼ100%の確率で審査で落とされてしまいます

借りたお金を 返済せずにチャラにしているのですから、貸金業者から見れば信用はゼロということになります。ただ、五年〜七年で事故情報は削除されますので、その後は通常の申し込みが可能となります。

事故情報登録者でありながら、どうしてもキャッシングをしたいと考えるなら、そういった方は「ブラックでも融資可能」といった検索キーワードを使用して貸金業者を探すと思います。しかしそういった検索キーワードでヒットするのは、クレジットカードを利用した現金化業者やそれを紹介する照会屋が大半です。 かつて跳梁跋扈していた裏金融の類は、今の時代にあっては「夏草や兵どもが夢の跡」で表現できると思います。

アコムキャレントファイナンス